ファッション

冷え症は露出高めのファッションはNG?冷え予防のための服装のポイントは?

投稿日:

冷え性改善のための服装のポイントとは?

冷え症の原因は食生活や運動不足など色々ありますが、服装が冷え症体質になってしまうことも。薄着や露出の高いファッションが好みで、真冬でも薄着のコーディネートをしていると、冷え症になったり体の冷えが悪化してしまいます。

どうしてもおしゃれは諦められない!という人は、見えない部分を温めたり、冷えを予防できるポイントを守っておしゃれを楽しむと良いですね。まずは健康じゃないと、楽しくおしゃれはできませんからね。

この記事では、服装で冷え症の改善や予防をする方法をまとめています。

からだにピッタリ密着するフアッションは避けよう

 

スキニージーンズや、からだに密着して細身に見せるようなカットソーは女性らしさを強調できるため、セクシー・カッコイイ系を目指している人には定番のファッションです。

しかし冷え症の面からみると、ピッタリ締め付けてしまう服装は血行不良の原因となるためオススメはできません。からだにあたたまった空気を逃さないためには、皮膚と衣類の間に空気の層を作ることが大切です。

ゆるめの服を着るほうが体温も上昇しやすくなるため、休日や自宅にいるときだけでも、ゆったりした服装をするようにしましょう。

冷えを予防する靴下をはこう

冷え症改善ファッションでまずおさえておきたいのは「靴下」です。それも、できれば冷え症改善に向いている靴下をはくことがおすすめです。

冷え症改善のための靴下選びのポイントは、2点。

  • 素材は絹(シルク)か綿…絹(シルク)は吸湿性が高く、デトックス効果があります。5本指ソックスも血行が良くなるためおすすめです。
  • 締め付けのゆるいもの…足指に刺激が与えられて締め付けがきついと血行がわるくなるため余計に冷えてしまいますので、ゆったりしたものを選びましょう。

素足にパンプスのときも、インナーソックスを履いて足先はガードしましょう。足先だけをカバーするようなパンプス用のインナーソックスも売れていますし、靴下用カイロなどもうまく利用して足先を冷やさないよう心がけましょう。

5本指のソックスが冷えにオススメの理由

冷え症なら1足はもっておきたいのが5本指ソックス。自宅でリラックスするときには特におすすめです。

5本指ソックスには次のようなメリットがあります。

  • 指1本ずつが独立しているので動きやすい
  • 足指への刺激が大きくなるため血行改善効果が期待できる
  • 指の間にかいた汗を吸収してくれるので衛生的

綿か絹の5本指ソックスの上から、ウールのルームシューズやもこもこ靴下をはけば、家でゆっくりするときに足元がポカポカして気持ちが良いですよ。

下着の素材は綿や絹(シルク)、ウールがおすすめ

冷えを予防・改善するには下着にも気をつかいましょう。冷え症には、保湿性に優れている天然素材でできた下着がおすすめです。

絹(シルク)の成分はタンパク質は人間の皮膚組織に近いため肌に優しく、吸湿性と保湿性に優れています。ウールは保温性が高く、冬場には必須のアイテムとなります。

化繊の下着はおすすめできない?

冷え症の人は化学繊維(石油を原料としたナイロンやポリエステルなど)は避けましょう。ユニクロのヒートテックや、様々なメーカーからあったかインナーが発売されていますが、あたたかくても吸湿性が低く、汗をかくと体が冷えてしまって逆効果になることも。

また、摩擦や静電気で肌が傷ついてしまい、冬場の肌のかゆみの原因ともなります。

冷えやすい下半身をガードする服装にする

「頭寒足熱(ずかんそくねつ)」という考え方をご存知ですか?頭に近い体の上は寒く、足に近い体の下は温かくしましょうという考え方です。

人は心臓に近い上半身は血めぐりがよく温かいのですが、心臓から遠い下半身や足元は冷えやすいようにできています。

全身の体温のバランスをとるためには足元を意識的に温めてやることが大切です。

足元をあたためるためには、天然素材のレギンスやレッグウォーマーなどがおすすめです。さらに、子宮や卵巣を守るためにお腹や腰を冷やさない腹巻きをすればカンペキです。

重ね着すべきは3つの「首」

冷え予防のために、ここを重ね着すると効果的というポイントが3ヶ所あります。

それは

  • 手首
  • 足首

の、3つの「首」です。

この3箇所は、暑くなったら外して調整ができるアイテムで重ね着すると良いでしょう。マフラーやストールで首元を、手袋で手首を、レッグウォーマーで足首を重点的にあたためると冷え知らずですよ。

まとめ

露出の高いファッションが好きな女性には悩ましいところですが、見えない部分を重ね着したりカイロを使って部分的にあたためることで冷えを予防することができます。

工夫をしても肌が出ている部分は冷えてしまいますので、せめて自宅ではポカポカと温かく締め付けのないリラックスできる服装でゆったり過ごしてくださいね。

 

冷え性改善のためのオススメアイテムご紹介!

 冷え性改善のためにおすすめできるアイテムを紹介しています。実際に使ってみた冷え性関連商品のうち、

  • 効果が感じられた
  • 購入しやすい価格
  • 友達によくすすめている

ものを紹介しています。ぜひあなたも試してみてくださいね!

ヴェーダヴィ ジンジャーペースト

食生活に生姜を取り入れると良いとわかってはいても、生のチューブは結局使い切れないし、生姜かたまり1個なんてもってのほか。

体を芯から温めるには、生ショウガの成分(ジンゲロール)ではなく、ジンゲロールを加熱してできる成分の「ショウガオール」が良いと言われています。つまり、飲み物におろしショウガ(生)を入れるより、一度加熱したショウガシロップやショウガペーストを入れたほうが温め効果は高いということ。

家庭でショウガを温めてペーストやシロップにするのは大変ですが、市販品なら簡単。

類似品は沢山ありますが、はじめてジンジャーペーストを買うならヴェーダヴィがおすすめ。ヴェーダヴィはデパート・百貨店にも専門ショップを出店していて、実店舗でも通販でも人気が高く、味も美味しい(辛味・甘みのバランスがよい)です。毎日使っても1本で1ヶ月~2ヶ月使えるからコスパもバツグンに良いですよ。

アユーラ メディテーションバスα

冷え性にはしっかりあたたまる入浴習慣が大切。冷え性に良いといわれている薬草や炭酸などの入浴剤も良いけど、女子としてはくさかったりダサかったりとテンションがあがりません(笑)

アユーラの入浴剤は「瞑想浴」という深い呼吸を意識した入浴方法がおすすめされています。心もあたたまるような良い香りに包まれてリラックスできる入浴剤です。

アユーラ店頭でも販売されていますが、容量2倍でオトクな通販専用サイズがコスパもよくおすすめです。

健康館 やわらか湯たんぽ

冷え性でお悩みの方へ健康館のやわらか湯たんぽ

冷え性さんに必須アイテムの「湯たんぽ」。

普通の湯たんぽは、プラスチックで固い(布団をあたためるにはいいけど体をあっためるのにはゴツゴツしすぎ)、耐熱温度が80度前後だから沸かしたお湯を一度冷まさないといけない、注ぎ口が小さくてやかんから直接入れるとこぼれることがある、表面が熱い(厚手の布袋などが必要)というのが「なんだかな~」と思ってた人にぜひつかってほしいのが「やわらか湯たんぽ」。

やわらか湯たんぽは、ウェットスーツ素材だから熱湯OK、熱湯注いでも表面が熱くならない、注ぎやすい漏斗(じょうご)が付いてる、コンパクトサイズだからカイロがわりにオフィスや自宅のソファで使ったりできる、と普通の湯たんぽのデメリットを全部クリアしています。

コロンと丸いフォルムも癒やされますし、まだ使ったことない人はぜひ湯たんぽデビューしてくださいね!

-ファッション

Copyright© 冷え性改善手帖 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.