冷え症とは

あなたの体がなぜ冷えてしまうのか、チェックリストで原因を知ろう!

更新日:

あなたの体がなぜ冷えてしまうのか、チェックリストで原因を知ろう!

なぜ冷え性や低体温になってしまうのか、その仕組みをご存知ですか?

体の冷えは、生活習慣や環境、自律神経などのさまざまな要因が影響して起こるので、原因が一つとは限りません。

この記事では体が冷えてしまう原因や体のメカニズムを詳しく説明しています。

原因を探ることができるチェックリストもありますので、自分に当てはまる部分はどれなのか、ぜひチェックして原因を探ってみてくださいね。

冷え性じゃない、健康な人はどうやって熱を作っているの?

からだがどうして冷えてしまうのか?血行が悪くなってしまうのか?

その原因を知るには、まず健康な人がどのように体で熱を作っているのかを知りましょう。

私たちの体は食事と運動で熱を生み出すことが出来るようになっています。

■食事
食事が肝臓で代謝されるとき、熱エネルギーが生まれる
※熱を生み出すためには、1日に消費するカロリー分をしっかりとること

■運動
からだを動かすと、筋肉が収縮・伸展し熱エネルギーが生まれる
自分の意思で動かす時だけではなく、心臓や肺などの内臓が動くことでも熱は生まれる
※生まれる熱は筋肉量に比例する

食事や運動で作られた熱は、血液にのってからだ中に運ばれます。血流と新陳代謝で体があたたまり、体温を37℃に保つことができるので手足の冷えも起こりません。

健康な人は、この熱を作って運ぶシステムがうまく働いていますが、冷え性の人はどこかにトラブルがありうまく体をあためることが出来ていないんです。

冷え性の原因その1、食事でのエネルギー不足

食事によるエネルギーが不足していると熱を生み出すことはできません。

これは、ダイエットで食べる量が少なかったり、栄養バランスが悪い、胃腸の調子が悪くて食事の栄養がきちんととれていないなど、そもそも必要なエネルギーが取れていない事が主な原因です。

食事が原因の冷えであれば、生活習慣の見直しをしたり、漢方薬やサプリ(ビタミン剤)などをうまく利用して、しっかり熱をつくるからだに変えていく必要があります。

冷え性の原因その2、運動でのエネルギー不足

運動量が足りなかったり、筋肉の量が少なくて代謝が悪い場合も熱を生み出すことができません。

女性はもともと男性より筋肉量が少なく、運動不足が続くとさらに筋肉量が減り、基礎代謝も低くなってしまいます。また、筋肉がしっかりあっても体を動かさなければ熱は生まれません。

運動が原因の冷えであれば、定期的な運動を生活にとりいれて、熱を生み出しやすいからだにすることが大事です。

冷えの原因その3、血の巡りが悪い

なんらかの原因で血の巡り(血流)が悪くなると、熱をからだに運ぶことができなくなります。

血液は酸素や栄養素を運んでいますので、血流が悪くなると新陳代謝も落ちます。

血流は自律神経によって調整されているため、冷暖房による室内外の温度差やストレスにより自律神経が乱れると血流が悪くなってしまいます。

血めぐりが原因の冷えであれば、寒暖差を減らすファッションの工夫、ストレスを軽減する方法を探すなど、自律神経の乱れを整えていくことが大切です。

チェックリストであなたの冷えの原因を知ろう

では、自分の冷えの原因は食事なのか?運動なのか?血の巡りが悪いのか?チェックリストを使って原因をさぐってみましょう。

自分に当てはまるものにチェックをして、どのカテゴリにチェックが一番多かったか数えてみましょう。チェックがついた数が多いカテゴリが、あなたの改善すべきポイントになります

チェックのトータル数が多ければ多いほど、からだの冷えがすすんでいます。

トータルで20個以上チェックがついてしまったひとは、チェックが多かったカテゴリを中心に生活習慣の見直し、漢方やサプリなどの助けを借りてすぐに改善に取り組みましょう。

食生活

ダイエットしている
朝食は食べないか、ジュース(青汁やスムージー含む)やフルーツのみ
冷たい飲み物(ジュースやビールなど)やアイスが好き
ケーキやお菓子、菓子パンが好き
外食が多い
炭水化物を抜いている、野菜しか食べないなど偏った食事をしている
毎晩お酒を飲んでいる

運動習慣

運動をしない(ストレッチやエクササイズも含む)
1日に歩くのは30分以下
エスカレーターやエレベーターばかり使う
家事はほとんどしない
脂肪ばかりで筋肉は少ない
腹筋がほとんどない
筋トレばかりしていて筋肉がすごい

生活習慣

朝が弱い、夜型人間
お風呂にゆっくりつからない(シャワーだけ)
寝る前にスマホやテレビを長時間見ている
寝る前に小説や漫画を熟読している
寝る前に明日の仕事のことを考えてしまう、悩み事を考えてしまう
お風呂を出てから寝るまでに1時間以上かかる
1日に1回も深呼吸をしない
パジャマは薄着

生活環境

デスクワークで終日座りっぱなし
販売員などで終日立ちっぱなし
緊張が続く仕事内容や、職場で働いている
冷暖房が強い部屋で過ごしている(部屋の内外の寒暖差が激しい)
自宅でリラックスができない(家に居づらい)
マッサージ、整体、エステなどが近くにない、利用したことがない
愚痴などなんでも話せる人が身近にいない
部屋の照明は蛍光灯で常に明るい

体質

体温が35℃台
疲れやすい
低血圧で朝がつらい、寝起きが悪い
手足がいつも冷たい
ダイエットしている
お腹が弱い(下痢しやすい、胃腸を壊しやすい)
便秘がち
汗をほとんどかかない
暑さや寒さに弱い

女性ホルモン

生理痛(月経痛)がひどい
生理不順(月経不順)
生理が止まっている(妊娠はしていない)
PMSがある(生理前に調子が悪くなる)

※このカテゴリにチェックがついた人は、自分だけで解決するのは難しいかもしれません。一度婦人科で診てもらうことをおすすめします!

ファッション

基本的に薄着、露出が高い服が好き(制服など長い時間着用する衣類が薄着の場合も)
一年中素足で過ごしている
ミニスカート、ショートパンツをよくはいている
綿や麻などより、化繊の服をよく着ている
冬でもマフラーやストールを使わない
上半身を着込んでいても足元は寒い格好が多い

ストレス

職場や学校に苦手な人がいる
すぐに怒ったりイライラしてしまう
つまらないことで落ち込んでしまう
忙しい、予定ややることがありすぎる
なかなか眠れない
何にでもがんばってしまう
爆笑することはほとんどない
ずっと気になっている事、長年の悩みがある

まとめ

冷え性の人は、なにげない生活のひとつひとつが体を冷やす原因を作っていることが多いです。

しかし、習慣になっていることは自分では当たり前だと思っていますので、「まさかこの習慣が冷えの原因だった!?」なんてわかりにくいものです。

チェックリストを使ったり、一歩自分から引いて客観的に見て、これが冷えにつながっているのでは?という原因・習慣を見つけ出すのが冷え性改善への第一歩となります。

原因がわかれば、その部分を少しずつでもよいので改善していきましょう。

冷え性改善のためのオススメアイテムご紹介!

 冷え性改善のためにおすすめできるアイテムを紹介しています。実際に使ってみた冷え性関連商品のうち、

  • 効果が感じられた
  • 購入しやすい価格
  • 友達によくすすめている

ものを紹介しています。ぜひあなたも試してみてくださいね!

ヴェーダヴィ ジンジャーペースト

食生活に生姜を取り入れると良いとわかってはいても、生のチューブは結局使い切れないし、生姜かたまり1個なんてもってのほか。

体を芯から温めるには、生ショウガの成分(ジンゲロール)ではなく、ジンゲロールを加熱してできる成分の「ショウガオール」が良いと言われています。つまり、飲み物におろしショウガ(生)を入れるより、一度加熱したショウガシロップやショウガペーストを入れたほうが温め効果は高いということ。

家庭でショウガを温めてペーストやシロップにするのは大変ですが、市販品なら簡単。

類似品は沢山ありますが、はじめてジンジャーペーストを買うならヴェーダヴィがおすすめ。ヴェーダヴィはデパート・百貨店にも専門ショップを出店していて、実店舗でも通販でも人気が高く、味も美味しい(辛味・甘みのバランスがよい)です。毎日使っても1本で1ヶ月~2ヶ月使えるからコスパもバツグンに良いですよ。

アユーラ メディテーションバスα

冷え性にはしっかりあたたまる入浴習慣が大切。冷え性に良いといわれている薬草や炭酸などの入浴剤も良いけど、女子としてはくさかったりダサかったりとテンションがあがりません(笑)

アユーラの入浴剤は「瞑想浴」という深い呼吸を意識した入浴方法がおすすめされています。心もあたたまるような良い香りに包まれてリラックスできる入浴剤です。

アユーラ店頭でも販売されていますが、容量2倍でオトクな通販専用サイズがコスパもよくおすすめです。

健康館 やわらか湯たんぽ

冷え性でお悩みの方へ健康館のやわらか湯たんぽ

冷え性さんに必須アイテムの「湯たんぽ」。

普通の湯たんぽは、プラスチックで固い(布団をあたためるにはいいけど体をあっためるのにはゴツゴツしすぎ)、耐熱温度が80度前後だから沸かしたお湯を一度冷まさないといけない、注ぎ口が小さくてやかんから直接入れるとこぼれることがある、表面が熱い(厚手の布袋などが必要)というのが「なんだかな~」と思ってた人にぜひつかってほしいのが「やわらか湯たんぽ」。

やわらか湯たんぽは、ウェットスーツ素材だから熱湯OK、熱湯注いでも表面が熱くならない、注ぎやすい漏斗(じょうご)が付いてる、コンパクトサイズだからカイロがわりにオフィスや自宅のソファで使ったりできる、と普通の湯たんぽのデメリットを全部クリアしています。

コロンと丸いフォルムも癒やされますし、まだ使ったことない人はぜひ湯たんぽデビューしてくださいね!

-冷え症とは

Copyright© 冷え性改善手帖 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.