グッズ

冷え性なら必ず1つは持っておきたい「湯たんぽ」の選び方と正しい使い方

更新日:

冷え性なら必ず1つは持っておきたい「湯たんぽ」の選び方と正しい使い方

冷え性さんの必須アイテム「湯たんぽ」とは?

湯たんぽとは暖房器具の一種で、中にお湯をいれて温める陶器や金属の入れ物のことです。

最近はエコブームもあり、お湯をわかすだけで一晩あったかい湯たんぽが見直されていて、プラスチック・樹脂・ゴム製、デザインもさまざまなものが発売されています。

冷え性の人はとくに朝晩の冷えがキツいと思います。布団にはいっても手足があたたまらないので、いつまでたっても眠れない、なんてことは一度や二度ではないはず。

こんなとき、うまく湯たんぽを利用すると快適に眠ることができます。冷え性なら、どんなタイプでも良いので一つ持っておくと良いアイテムです。

まだ持っていない人は、どんな湯たんぽがあって、どんな使い方をすればよいのか、この記事でしっかりチェックしてくださいね。

湯たんぽの種類にはどんなものがある?

昔ながらの湯たんぽといえば陶器や金属が思い浮かびますが、最近主流になっているのはプラスチック製のものやゴム製、お湯を入れるのではなくレンジで温めるものなどもあります。

素材の違いはもちろんですが、容量にも違いがあります。カイロがわりに使えるコンパクトなものから、朝まであたたかい2リットルタイプまで。暖め方も「お湯を入れる」ものが定番ですが、手軽に使える「レンジであたためる」ものも売れています。

形状も昔ながらのお弁当箱のような形のものから、ぬいぐるみ型、ブーツ型になっていて足を入れることができるものなど、用途やライフスタイルに合わせて、本当にたくさんの種類の湯たんぽが販売されています。

自分にあったものを一つ買ってみて、気に入ったらタイプの違うものを買い増ししても良いですね。

湯たんぽの素材にはどんなものがある?

陶器製

昔ながらの陶器製の湯たんぽのメリットは、保温性が高いため朝まであったかい、じんわりあったまる、インテリアにもなるという点があげられます。

デメリットは割れやすく重いことですが、湯たんぽは布団でしか使わないというなら朝まで長くじんわり布団の中をあたためてくれますのでおすすめです。

➡ 日本製 美濃焼 陶製湯たんぽ

金属(ブリキ・途端・純銅)製

金属製の湯たんぽのメリットには、熱伝導に優れている、保温力が高い、殺菌作用があるといったことが挙げられます。純銅製は高価ですが、耐久性が高く一生使えると言われています。

金属製の湯たんぽは、直火にかけることができます。地方在住で、石油ストーブでやかんをかけるタイプのストーブを使っている人は、湯たんぽを上にのせて沸かすことも可能ですのでお湯をわかす手間がかかりません。

ただしデメリットは、火傷をしやすい(直火にかけている場合は特に危険)、重い、サビの心配があるといった点です。子供がいる家庭には不向きです。

➡ 【松野屋 トタン湯たんぽ】2.6L(カバーなし)

プラスチック製

プラスチック製の湯たんぽは、どこでも買うことができるくらい一般的に普及しています。メリットは金属製と違って腐食しない・サビない、軽い、火傷をしにくい、種類が沢山ある、安価という点です。

デメリットは金属製に比べると熱伝導率が低い、保温性が劣る(朝には冷えている)、安価な製品は変形や破損の恐れがあるといった点です。

通販を探すと、デザイン的におしゃれなものも販売されているのでちょっと変わった湯たんぽがほしいひとは探してみてはどうでしょうか?

BlueBlood 湯たんぽSOLOMONブルーブラッドシリーズ

ゴム・樹脂製

ゴム製の湯たんぽは柔らかいので感触が良く、持ち運びや収納も楽です。夏場や風邪のときは氷水をいれて水枕にすることもできる便利なのがゴム製。

デメリットはゴム特有のニオイがあること、耐熱温度が70℃と低い、保温力に劣る、容量が小さく冷めるのも早いといった点です。

➡ 送料無料!ドイツ製 BYXAS湯たんぽ カバー2種類選べるセット 1.8L

ウェットスーツ素材製

ゴムの一種ですが、ゴムのデメリットを解決しているやわらかい湯たんぽがウェットスーツ素材製です。

布のため、複雑な形状の湯たんぽを作ることができ、手袋型(手を入れてあたためる)、ブーツ型(足を入れてあたためる)、肩かけ型(肩にちょうどよく乗る大きさ)など様々な形状のものがあります。

ウェットスーツ素材特有の手触りのよさ(カバーは不要です)、じんわり温まり低温やけどのリスクが低いため子供からお年寄りまで安心して使える、といったメリットがあります。

個人的な話ですが、当サイトの管理人もいろんな湯たんぽを使いましたが、低温やけどのリスクも低く、からだの好きなところに当ててあたためながら本を読んだり仕事ができるウェットスーツ製の湯たんぽを一番長くつかっています。

疲れた目にのせたりもできるのはウェットスーツ素材ならではですしね。デスクワークの人にはとてもオススメですよ。

やわらか湯たんぽ

健康館 やわらか湯たんぽ

素材別 湯たんぽに適したお湯の温度は何度?

湯たんぽは、あまり熱いお湯をいれてしまうと容器の破損や低温やけどにつながるため、80~70℃が適温です。ポットのお湯では熱すぎるので注意しましょう。

素材別に何度までOKかというと、

  • 陶器製…70℃まで
  • 金属製…熱湯OK(素材的にOKという意味です、使用時は少し冷まし、タオルを巻くなどして安全性を確保してください)
  • プラスチック製…80℃まで
  • ゴム製…70℃まで
  • ウェットスーツ素材製…熱湯OK(湯たんぽ自体は高温にはなりませんが、お湯を注ぐ時と蓋をしめるときの火傷に注意してください)

となっています。ウェットスーツ製以外は、直接肌にふれないよう、湯たんぽカバーかタオルなどで巻いて使いましょう。

お湯を注ぐ時は、基本的にはキャップまで満タンで入れることになっています。少ないと保温性が低くなったり、プラスチック製の場合容器が変形してしまう恐れがあるからです。詳しくは湯たんぽを購入時に添付されている説明書をよくお読み下さい。

湯たんぽは低温やけどに注意

湯たんぽは本来肌にあてて使うものではありません。

最近発売されたゴムやウェットスーツ素材製のものはカイロ代わりに使ったりすることが出来るものもありますが、基本的には長時間肌にあてていると低温やけどを起こすため危険です。

低温やけどになってしまう時間ですが、46℃で30分から1時間、44度で3~4時間以上、肌の同じ場所に当てていると危険です。

取扱説明書にも必ず記載がありますが、本来湯たんぽは布団をあたためるためのもので、寝るときには布団から出すというのが正しい使い方です。布団に入れたまま寝るのであれば、身体が触れない布団の端などに置くようにします。

※子供や高齢者が使う場合は、寝る前に布団から湯たんぽを出すほうが安全です。

※ウェットスーツ素材製の湯たんぽは温度が低く低温火傷になりにくいためカイロがわりに使えますが、使用前に説明書をきちんと読んでおきましょう

定番の「布団をあたためる湯たんぽ」の正しいやり方をマスターしよう!

布団に湯たんぽを入れて暖めておけば冷え知らずで熟睡できる

布団に湯たんぽを入れる

湯たんぽといえば布団に入れれば暖かく眠れるというイメージがあると思います。でも、これってタイミングがすごく大事です。

実は、寝るときに一緒に布団に持ち込んでもあまり暖まりませんし、布団に入った後で「寒くて眠れないから湯たんぽ作ろう…」なんていうのも貴重な睡眠時間が減ってしまいますよね。

寝る30分前くらいには布団に湯たんぽが入った状態にしておくと、ポカポカあたたかく眠ることができるんです。

冷え性の人が熟睡するためのコツは入浴後の流れにあった!

冷え性の人は、冬は手足が寒くて眠れないという事がよくあります。これはお風呂からお布団までの時間が1時間以上と、間があいているからです。

入浴後にからだが持っている熱を利用して布団に入るのが冬に熟睡するコツです。

冷え性を改善するためには、お風呂をあがってからお布団に入るまでの時間を30分以内にする習慣をつけると良いです。

 

冷え性改善に理想的な入浴から睡眠までの流れ

入浴前にはお湯をわかして湯たんぽを布団にセットしておきます。セットしておくのは布団にねたときに腰がくる位置です。布団にはいってからは、足元に湯たんぽを移動させます。これで足元も腰もほかほかでぐっすり眠ることができますよ。

寝る直前には、肌に触れない位置に湯たんぽを動かしておく(または布団から出しておく)こともお忘れなく!

冷え性改善のためのオススメアイテムご紹介!

 冷え性改善のためにおすすめできるアイテムを紹介しています。実際に使ってみた冷え性関連商品のうち、

  • 効果が感じられた
  • 購入しやすい価格
  • 友達によくすすめている

ものを紹介しています。ぜひあなたも試してみてくださいね!

ヴェーダヴィ ジンジャーペースト

食生活に生姜を取り入れると良いとわかってはいても、生のチューブは結局使い切れないし、生姜かたまり1個なんてもってのほか。

体を芯から温めるには、生ショウガの成分(ジンゲロール)ではなく、ジンゲロールを加熱してできる成分の「ショウガオール」が良いと言われています。つまり、飲み物におろしショウガ(生)を入れるより、一度加熱したショウガシロップやショウガペーストを入れたほうが温め効果は高いということ。

家庭でショウガを温めてペーストやシロップにするのは大変ですが、市販品なら簡単。

類似品は沢山ありますが、はじめてジンジャーペーストを買うならヴェーダヴィがおすすめ。ヴェーダヴィはデパート・百貨店にも専門ショップを出店していて、実店舗でも通販でも人気が高く、味も美味しい(辛味・甘みのバランスがよい)です。毎日使っても1本で1ヶ月~2ヶ月使えるからコスパもバツグンに良いですよ。

アユーラ メディテーションバスα

冷え性にはしっかりあたたまる入浴習慣が大切。冷え性に良いといわれている薬草や炭酸などの入浴剤も良いけど、女子としてはくさかったりダサかったりとテンションがあがりません(笑)

アユーラの入浴剤は「瞑想浴」という深い呼吸を意識した入浴方法がおすすめされています。心もあたたまるような良い香りに包まれてリラックスできる入浴剤です。

アユーラ店頭でも販売されていますが、容量2倍でオトクな通販専用サイズがコスパもよくおすすめです。

健康館 やわらか湯たんぽ

冷え性でお悩みの方へ健康館のやわらか湯たんぽ

冷え性さんに必須アイテムの「湯たんぽ」。

普通の湯たんぽは、プラスチックで固い(布団をあたためるにはいいけど体をあっためるのにはゴツゴツしすぎ)、耐熱温度が80度前後だから沸かしたお湯を一度冷まさないといけない、注ぎ口が小さくてやかんから直接入れるとこぼれることがある、表面が熱い(厚手の布袋などが必要)というのが「なんだかな~」と思ってた人にぜひつかってほしいのが「やわらか湯たんぽ」。

やわらか湯たんぽは、ウェットスーツ素材だから熱湯OK、熱湯注いでも表面が熱くならない、注ぎやすい漏斗(じょうご)が付いてる、コンパクトサイズだからカイロがわりにオフィスや自宅のソファで使ったりできる、と普通の湯たんぽのデメリットを全部クリアしています。

コロンと丸いフォルムも癒やされますし、まだ使ったことない人はぜひ湯たんぽデビューしてくださいね!

-グッズ
-

Copyright© 冷え性改善手帖 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.